TOPIXを+14.2%上回る成績!進化版ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」の約半年間の運用成績を公開!

2020年1月15日にリリースした新たなAIスコア機能を追加した進化版ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO(以下ROBO PRO)」がリリースして約半年が経過しました。

7月21日にはBSテレビ東京「日経モーニングプラスFT」でも取り上げられ、業界からの注目度が高まっている「ROBO PRO(ロボプロ)」の、約半年間の運用成績について公開いたします。

直近までの運用成績はTOPIXを+14.2%上回る成績! その理由とは?

 2020年1月15日にリリースされた「ROBO PRO(ロボプロ)」は、下の(図1)のように7月14日時点で、TOPIXを+14.2%上回る成績※1です。

今年は3月中旬に新型コロナウイルスの影響による「コロナ・ショック」が発生し、マーケットは一時期急落しました。

もちろん「ROBO PRO(ロボプロ)」もこの影響を受けて下落しましたが、下落局面での下落率はTOPIXより小幅にとどまり、その後の相場回復により、「ROBO PRO(ロボプロ)」がリリースされた1月15日から見たパフォーマンスは7月14日の段階でプラスに回復しました。この理由は「市況に応じた大胆な資産の入れ替え」であると考えられます。


(図1)

半年TOPIX比較

※1 FOLIO ROBO PRO運用実績について・サービス開始当初(2020年1月15日)から2020年7月14日まで、FOLIO ROBO PROサービスに投資していた場合のパフォーマンスです。運用手数料を年率1%(税抜)徴収し、リバランスは最適ポートフォリオとの乖離がないように実施したと仮定して計算しています。分配金は投資の拠出金銭に自動的に組み入れ、リバランスにより再投資したと仮定して計算しています。分配金やリバランス時の譲渡益にかかる税金は考慮していません。・信頼できると考えられる情報を用いて算出しておりますが、情報の正確性、完全性等について保証するものではありません。将来の運用成果等を示唆又は保証するものではありません。

直近のマーケットでの「ROBO PRO(ロボプロ)」の資産配分を公開! 

 次に、直近の市況での「ROBO PRO(ロボプロ)」資産配分を公開いたします。

(図-2)の円グラフは、7月15日時点の資産の割合です。保有率が多い資産として、「米国株」「新興国株」「金」が挙げられ、この3つで約90%を占めています。

そしてこのポートフォリオの特徴的な点として、比較的安全資産といわれる債券の比率が少ない点です。

 これは「ROBO PRO(ロボプロ)」が様々なマーケットデータを分析した結果、今後債券の価格が上昇する余地がないであろうと予測しているからです。

また一方で、新型コロナウィルスが世界の実体経済にダメージを与えている状況が続いている中、日銀やFRB(連邦準備制度)をはじめとする各国の中央銀行がおこなっている量的緩和が長期化する可能性が高いことを予測した結果、株や金の価格が上昇しやすい可能性があると判断し、このような資産配分を割り出したと考えられます。

(図2)

0715資産配分

詳細はこちらよりご確認ください。
FOLIO ROBO PROのサイトはこちら

ROBOPROについて詳しく見る

■本資料について
・投資環境に関する過去の事実等の情報提供や、発行時点での投資環境やその見通しに関する当社の見解をご紹介するために株式会社FOLIOが作成した資料です。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。

■株価等のデータについて
株価等のデータについてはこちらをご覧ください

■株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。ご契約の際は契約締結前交付書面等の内容を十分にご確認ください。
リスク・手数料の詳細はこちら

#ROBO PRO(ロボプロ)
  • LINEで送る
  • ツイート
  • シェア