FOLIO ROBO PRO

金融機関のみに提供されていた

AI技術を初解禁

※ETFマーケットを対象に個人向け初

価格変動等により損失が生じるおそれがあります。契約締結前交付書面等をご確認ください。
手数料・リスク等はこちら

過去5年間の
収益率シミュレーション

年率換算8.5%

※2015年1月1日〜2019年12月31日の5年間のシミュレーションであり、将来の運用成果等を示唆又は保証するものではありません。

パフォーマンスに
こだわった
進化版ロボアド。
FOLIO ROBO PRO

ROBO PROは金融機関向けにAI技術を提供しているAlpaca社※と協業し、開発した進化版ロボアドです。金融機関のみに提供されていたAI技術によるマーケット予測と、ダイナミックな運用を掛け合わせた本格的にAIを活用した、積極的な利益の追求や損失の軽減を目指すロボアドです。

※AlpacaJapan株式会社について
金融×AIに取り組むスタートアップ。深層学習(ディープラーニング)などのAI技術に加えて、ビッグデータ解析や金融向けデータ・ストレージなどの技術にも強みがあります。
主要なプロダクトとしてマーケット予測プラットフォーム「AlpacaForecast」「AlpacaRadar」を開発し、国内外の金融機関・事業会社に提供しています。
folio Alpaca

マーケットの機会を逃さない
長期戦略と短期見直し

サービス公開時からの運用実績

※2020年1月15日から2020年3月末までの運用実績

※当該実績は過去のものであり、将来の運用成果等を示唆又は保証するものではありません。本文及びグラフ上で表示している割合は年率ではありません。計算は円建てで、資産評価額/当初投資額-1で行なっています。FOLIO ROBO PRO運用実績についての

過去のシミュレーション結果

※2014/11/20から運用を開始した場合のシミュレーションです。将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

CASE 1

2015/12 : 下落直前

  • 米国株
  • 先進国株
  • 新興国株
  • 米国債
  • 新興国債
  • ハイイールド債
  • 不動産

2016年初頭から、大きく下落しました。 その直前の2015年末の投資比率を確認すると、債券と金を中心とした、リスクを抑制した運用となっていました。結果として、その後の下落を回避することができました。

40種類以上の
マーケットデータを
利用
世界各国の株式指数や債券・通貨など40種類以上のマーケットデータを学習データとして参照。さらに統計的な処理をおこなって数百種類以上の特徴量を計算。
予測スコアを
大量に生成し
精度の高いものを
選択
特徴量から機械学習の技術を用いて大量の予測スコアを生成し、厳選。それらをさらに厳密に評価し、平均精度が高く、かつ性能のばらつきが少ない予測スコアを選択。
短期的マーケット予測と
長期的なデータを活用
短期的なマーケット予測を利用して機動性を持たせつつも、長期的なデータに基づくリスクを考慮することで価格変動の安定を目指した最適な資産配分を計算。
1ヶ月に1回の
リバランス
毎月運用資産の値動きを予測し、ダイナミックにアロケーションを変更することで積極的な利益の追求や損失の軽減を目指す。
 
一般的なロボアド※
ROBO PRO
AIによる
運用
運用戦略
ポートフォリオの
比率を大きく変え
ずにキープするこ
とが多い
短絡的なマーケッ
ト予測に基づきダ
イナミックに変更
短期向け
×
長期向け

※ 「一般的なロボアド」とは、ノーベル賞を受賞した理論をベースにしたアルゴリズムで運用している一般的なロボアドバイザーのことですが、すべてのロボアドバイザーに関する記述ではありません。

ロボアドユーザーの声

ロボアド複数併用タイプ

28歳 プログラマー

もともと数年前から手軽さにひかれて他社ロボアドを利用。今回、「進化版」ロボアドと聞いてROBO PROに興味をもち、他社ロボアドと併用して利用している。 2020年2月に市場が暴落した際にも、相対的には下落幅が抑制されていたと思えるパフォーマンスだったので満足している。これからも一喜一憂せず長い目で運用していくつもり。

ロボアド乗り換えタイプ

38歳 介護施設勤務

以前は別のロボアドを使っていた。ROBO PROは、元々利用していた一般的なロボアドと比較して短期的にもパフォーマンスの向上が期待できそうだったので乗り換えた。 1年くらいのスパンで様子をみて積極的な資産運用として利用していきたい。

ロボアド複数併用タイプ

30歳 IT企業勤務

これまで投資信託と他社ロボアドをメインで資産運用をしていた。ロボアドに対しては手間がかからないし、運用面で信頼しているため、余剰資金を他のロボアドにも投入したいと考えROBO PROを開始。 サービスごとに目的は分けていてROBO PROには短期的なパフォーマンスの向上に期待している。

※ 2020年3月実施フォリオユーザーインタビューでの内容を、対象ユーザー様の許可を得て掲載しています。個人の投資体験談であり、将来の運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
※ 信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
※ 投資に関する決定はお客様ご自身のご判断と責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。
※ 写真はイメージです。

よくあるご質問

  • 手数料はお預り資産の年率1%(税抜)です。
    ※ただし、運用額が3000万円を超える部分には、年率0.5%(税抜)の割引料率が適用されます。

  • 月1度実行されます。

  • 現在積立機能はありません。

  • 10万円からです。

お客様の資産を
第一に守るために

強固な
セキュリティ体制
お客様のデータの送受信は256 bit SSL通信方式を採用し暗号化。保管時も全て暗号化し強固なセキュリティ対応を実施しています。
また金融ISACやJPCERT/CC早期警戒網など外部機関と連携し、セキュリティ体制を敷いています。
分別管理により
資産を保全
お預かりしている有価証券や預り金は法律に従い「分別管理」をしています。
この分別管理により、フォリオが倒産した場合でも、お預かりした資産はお客様に返還されます。
万一に備えた
投資者保護基金
への加入
日本投資者保護基金に加入し、お客様の資産が守られる体制を整えております。万が一分別管理の不備等があった場合には、日本投資者保護基金がお客様一人当たり上限1,000万円まで補償します。

メディア掲載例

ITmedia(2020年02月10日掲載)
AIが投資する時代「FOLIO ROBO PRO」はAIで何を予測するのか
従来高いコストをかけてファンドマネージャーが分析し、反映させてきた将来の見通しを、ROBO PROでは低いコストでポートフォリオに反映できるようになった。機関投資家のサポートにAIを使うことは増えてきたが、個人向けの資産運用においても、AIが身近になってきたといえるだろう。