VR(仮想現実)

ゲームだけに留まらない。進化し続ける次世代のエンターテインメント

VR(仮想現実)

テーマ作成日:2017/07/05

現在の価格

75,830

ここ1年で

+10.0%

このテーマについて

VR(仮想現実)

VR(仮想現実)は「現実ではないがあたかも現実のように感じられる空間を人工的に作り出す技術」。
VR技術は実用化されつつあり、VRを活用したハードウェアとコンテンツで新たな産業として大きくなると期待されている。

MM総研によると、2016年度の国内市場規模はVRコンテンツ市場は27億円、VR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)市場は55億円と計82億円、2021年度はVRコンテンツが710億円、VR HMDが1046億円の計1756億円と、対2016年度比で21倍となる見込み(※)。

2016年度は日本のソニーだけではなくサムスンといった海外の企業からもハードウェアが続々と発売された。
2017年度はコンテンツの拡充や次世代ハードウエアの登場が期待できそう。

関連業界はモバイルメーカー・ゲーム・観光・医療などが挙げられる。

※出典:MM総研「ARとVRに関する一般消費者の利用実態と市場規模調査」
(「投信1」より一部引用)

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
23.48%317,808
21.36%616,200
15.39%1011,670
13.06%169,904
6.18%14,690
5.41%14,105
4.93%23,736
4.46%33,384
3.24%12,460
2.47%11,873

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
  • 本データは、当該10銘柄で構成されるポートフォリオをご指定の期間に運用した場合の想定される値動き(バックテスト)です。
  • 本データは、ポートフォリオの内容をご説明するための資料(数値図表等)であり、投資勧誘を目的とするものではありません。
  • 本データは、信頼できると考えられる情報(株価)に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
  • 株数は、金融商品取引所の前日終値を参考に最適株数を算出しております。
  • 本数値図表等で使用した価格は金融商品取引所の終値を採用しておりますが、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等諸経費は含まれておりません。
  • バックテストの価格は18時頃に更新されますが、自動更新はされません。
  • 株式分割/併合等の決定事実が公表され株価に反映される際、一時的に株価に正確に反映されない場合があります。
  • 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

ここ1年で

+9.97%

ここ1ヶ月で

-6.93%

前日比

-1.42%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

VR(仮想現実)に関連するテーマ