独自の進化を遂げたニッポンの麺力

テーマ作成日:2018/8/7

現在の価格

¥83,317

ここ3年で

--%

このテーマについて

ここ数年、日本で熱い注目を浴びる「麺」。第三の主食とまでいわれ、麺業界は成長を続けています。特に日本のラーメンは海外でも人気があり、それが後押しとなって海外で多店舗戦略を推し進める企業も目立っています。いまや麺業界は国内だけではなく、グローバルな市場での展開に主軸をシフトしています

日本の麺文化に大きな変化?

ラーメンやそば、うどん、パスタなどの「麺」は、日本人に人気の高い食べ物です。週に何度も麺を食べるという人も少なくありません。中でもここ数年は、「ラーメン」が海外の観光客からも高い人気を博しています

そして、その「麺」業界に、さらに大きな変化が起こっています。「熱烈中華食堂日高屋」などのラーメンチェーン店に、サラリーマンや家庭の主婦たちが「ちょい飲み」目的で集まるようになったのです。単に“ラーメンを食べる”ためだけではなく、気軽に集まれる“飲み屋”として利用されるようになってきたわけです。こうした動きを受けて、「丸源ラーメン」「丸亀製麺」などの麺企業は、チェーン店の全国展開をさらに推し進めています。

即席麺にも注目!

また即席麺というジャンルにも、注目が集まっています。インスタントラーメンなどの即席麺市場が、にぎわっているのです。即席麺の生産量は、平成 28 年度に約 56 億 7,000 万食(出典:一般社団法人 日本即席食品工業協会推計)と過去最高を記録しています。

日本の即席麺は、米国やメキシコなどでも高い人気を誇っており、メキシコでは「マルちゃん」(東洋水産)が誰もが知る国民食にまでなっています

日本の麺食店が海外で増える傾向にあるのもうなずけます。

そして麺といえば、日本国内で独自の進化を遂げた「日本のパスタ」も安定した人気を誇っています。和の食材を使うという和洋折衷のバリエーションや家庭向けの多様なパスタ用ソースなど、市場にはさまざまな成長要素があり、今後の展開に期待が寄せられています。

本テーマでは、麺類のチェーン店を展開している企業に加え、即席麺や生麺などを提供している企業を選定しています。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
21.49%7¥17,906
15.68%3¥13,065
15.24%6¥12,696
11.29%1¥9,410
9.39%3¥7,827
8.34%1¥6,950
6.27%6¥5,226
4.86%2¥4,050
4.66%2¥3,886
2.76%1¥2,301
  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。