半導体材料

世界中の電化製品に潜む、日本製の素材たち

半導体材料

テーマ作成日:2017/12/28

現在の価格

81,484

ここ1年で

+12.2%

このテーマについて

半導体材料

今、世界的に半導体への需要が盛り上がっている。

この背景には、IoTやAI、ディープラーニング、クラウド、仮想通貨等、新しい技術やサービスの登場がある。

これらを支える重要な部品が、CPUやGPU、DRAM 、NAND型フラッシュメモリー等の半導体である。その半導体の需要の増加を受けて、半導体の原材料の需要も増加している。

そもそも半導体の製造プロセスは長く複雑であり、多くの企業が関わっている。特に半導体材料の業界では、各プロセスに有力なメーカーが存在し、優秀な製品を供給している。

今回のテーマは、半導体の製造過程で必要とされる原材料や部品、薬品、あるいは機材等を提供する企業への投資をおこなうことで、半導体産業の大きな成長の果実を得ようというものである。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
15.33%1212,492
15.32%312,480
14.09%511,485
12.27%19,997
10.32%38,412
8.19%46,676
7.99%26,510
7.71%16,286
6.50%45,300
2.27%11,846

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
  • 本データは、当該10銘柄で構成されるポートフォリオをご指定の期間に運用した場合の想定される値動き(バックテスト)です。
  • 本データは、ポートフォリオの内容をご説明するための資料(数値図表等)であり、投資勧誘を目的とするものではありません。
  • 本データは、信頼できると考えられる情報(株価)に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
  • 株数は、金融商品取引所の前日終値を参考に最適株数を算出しております。
  • 本数値図表等で使用した価格は金融商品取引所の終値を採用しておりますが、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等諸経費は含まれておりません。
  • バックテストの価格は18時頃に更新されますが、自動更新はされません。
  • 株式分割/併合等の決定事実が公表され株価に反映される際、一時的に株価に正確に反映されない場合があります。
  • 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

ここ1年で

+12.16%

ここ1ヶ月で

-10.89%

前日と比べて

+1.00%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

半導体材料に関連するテーマ