勝ち続ける大和魂。世界よ、これが日本企業だ

世界シェアNo.1

テーマ作成日:2017/7/5

現在の価格

¥80,246

ここ3年で

+23.6%

このテーマについて

世界的な大企業といえばアップルやアマゾン、グーグルを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし日本には、規模ではかないませんが、世界の一歩先を行く先端製品や、既製品の小型化など特徴ある製品で、世界のトップシェアを握っている企業があります。

シェアNo.1を目指し競い合う、世界中の企業

世界にはおよそ4万5,000もの上場企業があります。米国の経済誌「フォーブス」が世界60カ国・地域の企業を売上高、利益、資産、市場価値から順位づけした「世界の有力企業2,000社ランキング(グローバル2000)」2018年版によると、世界でもっとも巨大な企業は中国工商銀行、2位は中国建設銀行。アップルは8位に入っています。ちなみに、日本企業で最上位にランクされているのは、トヨタ自動車で12位です。また、主要な商品やサービスの世界シェアを調査した「主要商品・サービスシェア調査」(日本経済新聞社)によると、2017年の対象71品目のうち、24品目において米国の大手企業がシェアのトップを握っています。各企業がNo.1の座を目指し、激しいシェア争いを繰り広げる中、世界市場でトップに君臨する日本企業があります。

特徴ある商品開発などで世界シェアトップを誇る日本企業

ブリヂストンのタイヤ、ダイキン工業の空調事業、オリンパスの消化器内視鏡など、世界市場でトップシェアを握り、注目されている日本企業は少なくありません。それらの企業は、特徴のある商品の開発や、独自の販売ネットワークの構築などにより、他社との差別化を図り、世界市場で必要不可欠な存在となっているのです。

例えば、東レは、1971年に世界で初めて炭素繊維を商業生産し、現在では世界シェアトップとなっています。同社の炭素繊維は航空機に利用されているほか、自動車向けにも開発が進められています。また、回転しているところには、かならず使われていると言っても過言ではないボールベアリング。日本初のミニチュアボールベアリングメーカーであるミネベアミツミは、ミニチュア・小径ボールベアリング(外径が22ミリ以下)で世界シェアの6割を握っています。

「モノづくり」を取り巻く環境は急速に変わってきていますが、先端的な技術を取り入れ、環境の変化に対応するのは日本企業の得意とするところです。世界でのシェアは、信頼と実績の証であり、トップを誇る企業には、世界をリードする、強い存在感があるのです。

本テーマでは、世界で戦う「世界シェアNo.1」 を誇る日本企業を選定しています。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
21.01%6¥16,860
17.22%1¥13,815
11.06%11¥8,875
10.88%7¥8,729
10.81%5¥8,675
7.32%3¥5,874
6.48%1¥5,200
6.33%3¥5,076
5.27%1¥4,232
3.63%1¥2,910

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
※各基準日を0%として指標化

ここ1年で

-14.01%

ここ1ヶ月で

+1.73%

前日比

+0.32%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。