京都

伝統と最先端、2つを兼ね備えた日本の古都

京都

テーマ作成日:2017/07/05

現在の価格

122,319

ここ1年で

+1.5%

このテーマについて

京都

京都の上場企業には、任天堂、村田製作所など日本でも有数の高収益の企業が多く、日本の技術を支える島津製作所、GSユアサなどハイテク企業も多い。

また内陸に位置するため鉄鋼や化学などの重工業系があまり発展しなかった反面、電子部品メーカーが強く、大手7社のうち4社が京都に集中している。
そのほかにも京セラの稲盛和夫氏、堀場製作所の堀場雅夫氏、日本電産の永守重信氏など、いわゆるカリスマ経営者が多いのも特徴的。

京都の企業が高収益である背景には、京都で長らく繫栄するお茶屋のビジネスモデルや、限られたリソースを有効活用してきた京都という町の歴史がありそうだ。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
28.70%135,100
14.40%117,615
12.46%115,245
11.85%2914,500
7.51%19,190
5.60%16,850
5.42%16,624
5.07%26,200
5.02%16,140
3.97%14,855

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
  • 本データは、当該10銘柄で構成されるポートフォリオをご指定の期間に運用した場合の想定される値動き(バックテスト)です。
  • 本データは、ポートフォリオの内容をご説明するための資料(数値図表等)であり、投資勧誘を目的とするものではありません。
  • 本データは、信頼できると考えられる情報(株価)に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
  • 株数は、金融商品取引所の前日終値を参考に最適株数を算出しております。
  • 本数値図表等で使用した価格は金融商品取引所の終値を採用しておりますが、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等諸経費は含まれておりません。
  • バックテストの価格は18時頃に更新されますが、自動更新はされません。
  • 株式分割/併合等の決定事実が公表され株価に反映される際、一時的に株価に正確に反映されない場合があります。
  • 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

ここ1年で

+1.49%

ここ1ヶ月で

-5.71%

前日比

-1.42%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

京都に関連するテーマ