世界需要まったなし!人に替わる「機械の労働力」

インダストリアルロボット

現在の価格

¥104,008

前日比

+0.42%

このテーマについて

世界的に人件費の上昇と人手不足が重荷になって、先進国・新興国ともに工場の自動化機運が高まり、産業用ロボットの導入が進んでいる。
製造業をはじめとして現在市場が形成されている分野の成長に加え、サービス分野を始めとした新たな分野(医療・介護・生活支援など)への普及も期待がされている。


ResearchStationによると、世界の産業用ロボット市場は今後年率10%以上の成長が続き、2022年には795億ドル規模の市場に達するとの見ている(※)。
関連業界としては、ロボットメーカー・電子部品などがある。


※出典:ResearchStation「産業用ロボットの世界市場:タイプ別、需要家別2022年予測と分析」
(「投信1」より一部引用)

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
24.81%1¥25,800
12.92%3¥13,440
11.16%1¥11,610
9.73%2¥10,120
8.94%1¥9,300
8.61%2¥8,960
8.16%2¥8,490
7.58%7¥7,886
5.05%2¥5,250
3.03%2¥3,152
  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。