高ROE

効率よく稼ぐ企業は、低金利時代の助け舟となる

高ROE

テーマ作成日:2017/07/05

現在の価格

93,954

ここ1年で

+11.3%

このテーマについて

高ROE

ROE(Return on Equity)とは、自己資本利益率とも言い、株主の持ち分である自己資本に対し、どれだけの利益を効率よく上げているかを示す総合的な指標。

具体的には、当期純利益÷自己資本で計算される。

2014年8月に経済産業省の委嘱を受けた伊藤邦雄一橋大学院教授により発表された「伊藤レポート」では、日本の企業もROE8%を目指すことが呼びかけられ、機関投資家からの注目度も高まっている。

また、海外の機関投資家は「会社は株主のもの」であるという意識が強く、欧米の企業自身も平均して二桁のROEを達成している。今後、我が国の企業においてもROEの引き上げが内外の投資家に求められると同時に、すでに高水準の企業への注目が高まると期待される。
(※テーマに含まれる個別銘柄のROEは各銘柄の決算発表より、弊社にて算出した数字です)

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
19.80%118,600
14.96%414,056
13.60%212,780
9.83%79,233
9.61%39,030
7.97%27,490
7.08%26,650
6.59%36,195
6.36%15,980
4.19%13,940

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
  • 本データは、当該10銘柄で構成されるポートフォリオをご指定の期間に運用した場合の想定される値動き(バックテスト)です。
  • 本データは、ポートフォリオの内容をご説明するための資料(数値図表等)であり、投資勧誘を目的とするものではありません。
  • 本データは、信頼できると考えられる情報(株価)に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
  • 株数は、金融商品取引所の前日終値を参考に最適株数を算出しております。
  • 本数値図表等で使用した価格は金融商品取引所の終値を採用しておりますが、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等諸経費は含まれておりません。
  • バックテストの価格は18時頃に更新されますが、自動更新はされません。
  • 株式分割/併合等の決定事実が公表され株価に反映される際、一時的に株価に正確に反映されない場合があります。
  • 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

ここ1年で

+11.32%

ここ1ヶ月で

+1.40%

前日と比べて

+0.03%

高ROEに関連するテーマ