ジェネリック医薬品

低費用&低価格。財政とお財布の救世主、来たり

ジェネリック医薬品

テーマ作成日:2017/7/5

現在の価格

¥88,097

ここ3年で

-2.4%

このテーマについて

ジェネリック医薬品

政府が打ち出した使用促進策により、今後の医療費の抑制などにも注目が当たれば、ジェネリック医薬品市場は今後も堅調に拡大していくといえる。


富士経済によれば、2018年の国内市場は2014年比9.1%増の9兆3044億円が予測されている(※)。
既存のジェネリック医薬品メーカーが事業をさらに拡大するのか、新規参入が増えるのかにも注目。


※出典:富士経済「各領域のトップブランドが相次いで特許切れを迎えますます活況を呈する国内のジェネリック医薬品市場を薬効領域別に調査」
(「投信1」より一部引用)

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
19.57%2¥17,240
13.76%14¥12,124
12.62%7¥11,116
9.56%1¥8,420
9.48%3¥8,355
8.57%2¥7,550
8.01%4¥7,060
6.75%5¥5,945
6.64%1¥5,850
5.04%3¥4,437

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
※各基準日を0%として指標化

ここ1年で

-4.54%

ここ1ヶ月で

+1.54%

前日比

-0.85%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。