シニア・ビジネス

介護、医療、ロボット。超高齢化社会に備える

シニア・ビジネス

テーマ作成日:2017/07/05

現在の価格

75,612

ここ1年で

+13.1%

このテーマについて

シニア・ビジネス

現在、日本は人口の4人に1人が高齢者であり、超高齢社会に向けて突き進んでいる。

特に近年では、団塊の世代が後期高齢者となる2025年が近づきつつある。それに伴ってシニアビジネスへの参入がますます加速していくことだろう。
みずほ銀行によると、2015年度の介護市場規模は9.8兆円程度を見ているが、高齢者向け市場を「医療・医薬」「介護」「生活産業」の3事業分野の高齢者(65歳以上)の消費市場と定義した場合、2025年には100兆円に拡大する(高齢者向け市場/みずほ銀行)としている(※)。

主な関連業界である訪問看護・有料老人ホーム・介護用品に加え、医療業界・インターネット業界・レジャー業界など、多方面からの参入が相次いでいる。

日本は高齢化率世界一の超高齢社会。海外に先んじて新しいビジネスモデルを真っ先に確立できるチャンスがあるといえるだろう。
日本のビジネスモデルを世界に展開できるかにも注目。

※出典:みずほ銀行「みずほ産業調査 Vol.42」
(「投信1」より一部引用)

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
14.28%210,800
14.11%1610,672
12.80%29,680
12.09%69,144
11.20%18,468
8.77%26,632
7.31%15,530
7.05%45,328
6.77%45,120
5.60%14,238

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
  • 本データは、当該10銘柄で構成されるポートフォリオをご指定の期間に運用した場合の想定される値動き(バックテスト)です。
  • 本データは、ポートフォリオの内容をご説明するための資料(数値図表等)であり、投資勧誘を目的とするものではありません。
  • 本データは、信頼できると考えられる情報(株価)に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
  • 株数は、金融商品取引所の前日終値を参考に最適株数を算出しております。
  • 本数値図表等で使用した価格は金融商品取引所の終値を採用しておりますが、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等諸経費は含まれておりません。
  • バックテストの価格は18時頃に更新されますが、自動更新はされません。
  • 株式分割/併合等の決定事実が公表され株価に反映される際、一時的に株価に正確に反映されない場合があります。
  • 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

ここ1年で

+13.11%

ここ1ヶ月で

-2.36%

前日と比べて

+0.98%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

シニア・ビジネスに関連するテーマ