風とともに新時代を駆け抜ける、進化し続ける自転車の先に見えるのは

自転車

テーマ作成日:2017/8/28

現在の価格

¥93,622

ここ3年で

+6.0%

このテーマについて

通勤や買い物など、ちょっとした移動に便利な自転車。2017年に施行された「自転車活用推進法」をきっかけに、自転車が今、改めて脚光を浴びています。通勤に電車を利用していたサラリーマンが健康やエコを理由に自転車通勤を始めたり、趣味として自転車を始めたりする人も増えています。自転車自体の進化も相まって、その需要はさらに広がりを見せています

現代社会にマッチした自転車のエコ、健康、手軽さ

道路の混雑や電車の遅延に左右されない自転車は、利便性にも優れた移動手段です。国の自転車活用推進法では、自動車依存を低減し、健康増進・混雑緩和など社会的・経済的な効果があるとし、自転車の活用を総合的・計画的に推進していくとあります。

自転車は、空気を汚さない、健康づくりができる、手軽に乗れて場所をとらないなどの理由から「人間が発明した最高の乗り物」ともいわれています。人気の背景には、エコ、健康といった考え方が現代社会とマッチしているという点があるのでしょう。そんな自転車の楽しみを、マイ自転車を持っていなくても体験できる自転車のシェアサービスが続々と始まっています。広範囲でサービスを展開するソフトバンクをはじめ、多くの団体や企業が自治体の協力のもとサービスを展開しています。

自分好みにカスタマイズ!サイクルイベントも人気

サイクリングや、近所を散歩感覚で楽しむポタリングを楽しむ自転車愛好家も増えています。趣味で楽しむロードバイクやマウンテンバイク、さらにはたくさんの部品から自分の好みの自転車を造り上げる、カスタム自転車にも注目が集まっています。全国各地で催されるサイクルイベントは地域の活性化や観光客の呼び込みを狙って年々増加。地域振興にも役立っています。

自転車人気のもう一つの背景には、自転車自体の進化があります。登り坂でも楽に走行できる電動アシスト自転車は、体力に自信のない女性などが使うママチャリのように思われていました。しかし、最近は各メーカーでバッテリーの小型化や軽量化が進み、スタイリッシュなシティサイクルやスポーティーな自転車にも電動機を搭載。走りながら充電できるため4日走ると最大一日分を充電してしまうものや、長距離サイクリングにも対応できるタイプにも注目が集まり、新たな自転車ユーザーの獲得に繋がっています。

本テーマでは、自転車分野のトレンドをけん引する企業を選定しています。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
24.66%2¥23,090
19.30%1¥18,070
17.37%20¥16,260
12.99%9¥12,159
7.82%3¥7,323
5.51%3¥5,163
4.73%1¥4,427
2.89%4¥2,708
2.52%3¥2,360
2.20%2¥2,062

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
※各基準日を0%として指標化

ここ1年で

+0.52%

ここ1ヶ月で

+2.68%

前日比

-0.36%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。