人工知能

人と機械が共生する未来。史上最大のパラダイムシフトが、くる

人工知能

テーマ作成日:2017/07/05

現在の価格

75,270

ここ1年で

-5.9%

このテーマについて

人工知能

人工知能(AI)は人工的に人間と同等の知能を実現させることを目標にした研究分野であり、Googleの「AlphaGo」などの目覚ましい活躍により今注目を浴びている。

その発端は1956年のダートマス会議にまで遡る、歴史ある分野である。技術的な困難から何度も「冬の時代」を経験。
しかし近年ディープラーニングと呼ばれる画期的な手法が開発され幅広い分野での応用が期待されており、囲碁の対戦だけでなくSNS分析や自動運転などへの実用化も進められている。

ヘルスケアやカスタマーサポートなど、従来人手でしか対応できなかった業界でも通用する可能性を持っていることから、EY総合研究所によると2015年に約3.7兆円だった市場規模は、2030年には約86兆9600億円へ大幅に拡大する事が予想されている(※)。

※出典:EY総合研究所『人工知能が経営にもたらす「創造」と「破壊」』
(「投信1」より一部引用)

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
14.17%1410,668
13.99%210,534
12.14%109,140
11.91%18,964
10.70%28,056
9.89%47,446
8.21%16,180
7.96%55,990
5.90%44,440
5.12%23,852

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
  • 本データは、当該10銘柄で構成されるポートフォリオをご指定の期間に運用した場合の想定される値動き(バックテスト)です。
  • 本データは、ポートフォリオの内容をご説明するための資料(数値図表等)であり、投資勧誘を目的とするものではありません。
  • 本データは、信頼できると考えられる情報(株価)に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
  • 株数は、金融商品取引所の前日終値を参考に最適株数を算出しております。
  • 本数値図表等で使用した価格は金融商品取引所の終値を採用しておりますが、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等諸経費は含まれておりません。
  • バックテストの価格は18時頃に更新されますが、自動更新はされません。
  • 株式分割/併合等の決定事実が公表され株価に反映される際、一時的に株価に正確に反映されない場合があります。
  • 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

ここ1年で

-5.90%

ここ1ヶ月で

-11.48%

前日と比べて

+0.97%

人工知能に関連するテーマ