お酒

嫌なことは忘れて、さあ乾杯!

お酒

テーマ作成日:2018/01/04

現在の価格

81,971

ここ1年で

+34.0%

このテーマについて

お酒

日本の酒類業界を取り巻く環境が変わりつつある。

平成15年以来、人口減と高齢化を背景に減少しつづけてきたわが国の酒の消費量が、この5年間はほぼ下げ止まっている。

リキュール、スピリッツ、カクテル、更にワインの消費が増加しており、ビールや発泡酒の消費減を補っている。

また、日本酒における消費者の需要は、吟醸酒や純米酒、純米吟醸酒のような高品質な清酒へと傾きつつある。世界的な和食ブームを背景に、日本酒の輸出量は7年連続で過去最高を更新した。

蔵元のなかには、大手の酒造会社や食品会社の傘下に入り、設備投資や海外販路の拡大に舵を切るものも増えており、集約化と国際化によって業界が生まれ変わる機会が訪れている。

また大手ビールメーカー各社は、いち早く海外のビール会社への出資や買収に取り組んでおり、すでに海外売上げ比率は2割を超えている。

日本の酒類業界各社も国際化と商品改革で変わりつつあるのだ。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
20.40%3716,724
20.06%316,440
18.70%515,325
9.63%27,890
7.62%26,248
6.48%15,310
5.50%14,510
4.59%13,765
3.89%13,185
3.14%22,574

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
  • 本データは、当該10銘柄で構成されるポートフォリオをご指定の期間に運用した場合の想定される値動き(バックテスト)です。
  • 本データは、ポートフォリオの内容をご説明するための資料(数値図表等)であり、投資勧誘を目的とするものではありません。
  • 本データは、信頼できると考えられる情報(株価)に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
  • 株数は、金融商品取引所の前日終値を参考に最適株数を算出しております。
  • 本数値図表等で使用した価格は金融商品取引所の終値を採用しておりますが、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等諸経費は含まれておりません。
  • バックテストの価格は18時頃に更新されますが、自動更新はされません。
  • 株式分割/併合等の決定事実が公表され株価に反映される際、一時的に株価に正確に反映されない場合があります。
  • 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

ここ1年で

+34.04%

ここ1ヶ月で

+2.88%

前日と比べて

-0.06%

お酒に関連するテーマ