新しい価値を生み出し、発信する街

赤坂・六本木・青山

テーマ作成日:2019/2/19

現在の価格

¥82,064

前日比

-0.32%

このテーマについて

東京・港区に位置する赤坂・六本木・青山。この3つの街に共通するのは、「流行の先端を行く、ハイセンスでおしゃれな街」でしょうか。その”流行”の先端と”ハイセンスでおしゃれな街”の一端を担うのは、これらの街の歴史に加えて、ここに集まっている企業が影響しているのかもしれません。

「夜の街」から時代をリードする街へ

赤坂は、昭和の時代、ナイトクラブや料亭などが栄える夜の街という顔を持ち合わせていました。また、国会議事堂や議員会館が近いこともあり、かつては「政治は赤坂で決まる」「政界の奥座敷」などといわれていました。しかし今では、時代の先端をいく企業が集まっている街といってもいいかもしれません。その一つに、駅から直結したテレビ局があります。赤坂サカスやBizタワーが完成してからは大手広告代理店が八重洲から赤坂に移転。そしてミッドタウン東京が完成してからは、外資系ホテルや文化施設、ライブハウスなどが入居しています。

夜遊び街とビジネスの街の顔を併せ持つ六本木

六本木といえばバーやクラブなど、大人の夜遊びの街というイメージがあります。大使館も数多くあることから国際色豊かな雰囲気もあり、ビジネスとは無縁な印象がありました。しかし、国内最大級の市街地再開発で誕生した六本木ヒルズがオープンすると、街の様相が変わってきました。昼は働く街として新たな顔も併せ持つようになったのです。もともと六本木にはテレビ局があったのですが、六本木ヒルズができてからはさまざまな業種の企業が集まるようになり、中でもIT系やゲーム企業などが核をなしているようです。

ファッションの情報発信地・青山

赤坂にほど近い青山は、ファッションやコスメ、美容など、美に関する情報発信地というイメージが強い街です。それを表すかのように、海外の高級ブランドの旗艦店や、個性的なショップも立ち並んでいます。そのためファッションモデルやクリエイティブな職業の人など、流行の先端を行く人たちが青山に集ってくるのです。おしゃれでトレンドに敏感な人が集まる街・青山に、ファッション関連の企業や美容院、デザイン会社などが自然と集積したのはうなずける話です。

本テーマでは、この地域および近隣に本社を構えるテレビ局などのメディア系企業、IT企業などを中心に集めました。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
23.91%11¥19,624
17.78%10¥14,590
15.30%7¥12,558
9.30%3¥7,635
8.98%5¥7,370
6.68%5¥5,480
6.05%1¥4,965
5.84%1¥4,792
4.15%2¥3,408
2.00%1¥1,642
  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。