アグリテック

闘う日本の農業を支える「ICT×農業」

アグリテック

テーマ作成日:2018/12/11

現在の価格

¥80,837

ここ3年で

+18.4%

このテーマについて

アグリテック

環太平洋パートナーシップ(TPP)協定が2018年12月に発効となり、日本の農業関連産業はグローバル競争の時代に突入しました。人手不足や後継者問題など課題が山積みの日本の農業を「世界に打ち勝つ強い農業」に立て直すために注目を集めているのが、ICT技術、さらにバイオテクノロジーを活用した「アグリテック」です。日本の農業の挑戦が始まっています。

岐路に立つ日本の農業を根底から変える!

グローバルな競争に突入した日本の農業。その現状は、農業従事者の減少と高齢化が深刻です。農林水産省によると、2017年の農業就業人口は1995年に比べ半数以下となり、農業従事者の平均年齢は59.1歳から66.7歳へと上昇、高齢化が進んでいます。今後、海外の資本や技術を活用した大規模な資本集約型の農業の上陸も予想され、これまで個人経営でも成り立っていた日本の農業は大きな岐路に立たされることになります。

そのような中、農業の危機を救う新たな農業として期待が寄せられているのが「アグリテック」です。アグリテックとは、農業(Agriculture)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、農業分野にIoT(モノのインターネット)やビッグデータ、ロボット技術、AIやICT、バイオテクノロジーなど最先端技術をとり入れ、労働力不足の解消や作業の効率化、熟練農業者の技術の伝承などをサポートするという取り組みです。「日本の農業を根底から変える」とも言われ、その可能性に注目が集まっています。

世界も注目する「アグリテック」

実際にアグリテックによってどのようなことが可能になるのでしょうか。例えば農業の現場では、農作物を育てる上で、温度や湿度などの管理も重要です。これらにおいて人工衛星やドローン、センサーなどを使って、データを収集し、分析することで、作業を効率化できます。また、農薬散布や除草、農作物の収穫や運搬に関してはロボットが活躍。位置のデータと、無人運行が可能な農機具を組み合わせれば、24時間の農作業が可能になります。

米国などでは、慢性的な農業従事者の不足、さらにICT技術の高度化といった後押しもあり、農作物を収穫するためのロボットを手がける新興企業への投資が活発化しています。IT大国インドでも、アグリテック関連の多くのスタートアップ企業に世界中から投資が集まるなど、世界は今アグリテックがブームとなっています。日本でも2009年の農地法改正により一般企業やNPO法人が自由に農地を借りることが可能になったことから、企業のアグリテック分野への参入が相次いでいます

本テーマでは、IoT、スマート農業関連、バイオテクノロジー関連など無限の可能性を秘めた「アグリテック」に関連する銘柄を集めました。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
23.05%11¥18,634
14.81%3¥11,970
14.48%5¥11,703
9.88%5¥7,990
9.60%3¥7,761
8.25%6¥6,672
7.27%1¥5,880
6.33%1¥5,120
3.33%1¥2,692
2.99%1¥2,415

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
※各基準日を0%として指標化

ここ1年で

+4.58%

ここ1ヶ月で

+4.35%

前日比

+0.89%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。