日本初のテーマ投資型
オンライン証券

FOLIO(フォリオ)は、テーマでえらんで投資ができる、
新しいタイプの証券プラットフォームです。

企業ではなく「テーマ」でえらぶ

企業ではなく「テーマ」でえらぶ

「ドローン」や「宇宙開発」といったテーマをえらぶだけで、複数の企業にかんたんに投資ができます。

また、それらをえらぶ過程でテーマと企業の関係や、そのテーマが市場でどのような盛り上がりを見せているのかを知ることができます。

各テーマは「これから流行りそう」「◯◯を応援したい」など、様々なカテゴリーに分けて取り揃えられています。

有望企業10社にリスクを分散

有望企業10社にリスクを分散

各テーマは、FOLIOが選定した10社の有望企業で構成されています。

10社にリスクを分散させた投資をすることで、誰でも手軽に効率的な資産運用を楽しむことができます。

分散投資を10万円から

分散投資を10万円から

株式取引の多くは100株単位で行われます(単元株制度)。

たとえば、1単元100株で株価が1万円だとすると、1銘柄への初期投資だけで100万円が必要になります。つまり、複数企業の株を購入して分散投資をするためには、多額の資金が必要となるのです。

FOLIOは各銘柄1株からの購入を可能にすることで(単元未満株)、10万円前後で10社への分散投資を実現しました。

運用中のサポートも充実

運用中のサポートも充実

テーマを構成する各銘柄と保有比率、その最適なバランスは時間の経過や相場の変動により常に変わっていきます。

FOLIOはこういった変化に対して、お客様に常に適切なテーマ運用をしていただくために、定期的にリバランス(銘柄・保有比率の見直し)のご案内をしたり、テーマを売却するタイミングをお知らせすることがあります。

資産運用のための美しいデザイン

資産運用のための美しいデザイン

FOLIOは、使いやすさを第一に考えてシンプルにデザインされています。よって、テーマの売買、資産の管理、リバランスなどの取引をスムーズに行うことができます。

入口から出口まで、どこよりもかんたんに。

業界最低水準の手数料

業界最低水準の手数料

テーマを売買する際は、各銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜) ※1 の手数料を頂いております。これは、単元未満株取引としては業界最低水準になります。

振込手数料 ※2 、運用手数料及び口座管理手数料等、その他手数料はかかりません。

  • ※1. 1銘柄の最低手数料は50円(税抜)になります。
  • ※2. リアルタイム入金・出金に限ります。銀行振込の場合は、利用銀行が定める手数料がかかります。

利用の流れ

始めるまでも始めてからも、FOLIOの資産運用はシンプルで明快です。

  1. アカウント登録
  2. 口座開設
  3. 口座に入金
  4. テーマをえらぶ
  5. 資産を運用
  6. リバランス
  7. テーマを売却