東海

日本を支えるモノづくりのメッカ、東海4県

東海

テーマ作成日:2018/7/25

現在の価格

¥80,991

ここ1年で

-15.4%

このテーマについて

東海

五畿七道の東海道に由来する東海地方。関東と関西を結び、富士山、浜名湖、伊勢神宮、白川郷など、世界に誇れる多くの観光・文化に恵まれています。産業面では、世界有数のトヨタ自動車を筆頭に、それを支える自動車関連産業が発達しています

自動車産業がアツイ東海地方

東海地方は本州中央部の太平洋側の地域であり、静岡県・愛知県・三重県・岐阜県の4県を指します。日本最大の生産額を誇る「中京工業地帯」を形成し、このうち日本の基幹産業である自動車産業が占める割合は、約4割。トヨタ自動車やスズキ(静岡県)などの完成品メーカー、自動車部品世界シェア第2位を誇るデンソーなど大手部品メーカーがこの地に集積しています。東海地方には、鈴鹿サーキットやトヨタ産業技術記念館など集客力のある自動車関連レジャー施設も多く、名実ともに日本で最もモータリゼーションが発達した地域といえるでしょう

日本自動車工業会によれば、2017年の四輪車国内生産台数は前年比5.2%増の968万4146台で、今後も海外輸出も含め、自動車関連産業は堅調に推移していくことが予想されます

次世代向けモノづくりも積極的

モノづくりに関しては、自動車に並び、航空機部品にも力を入れています。東海4県に長野県を加えた地域は、「アジアNo.1 航空宇宙産業クラスター形成特区」として、日本で製造される航空機体部品の約80%が製造されています。そのほか、ヤマハ発動機が製造するオートバイやヤマハの楽器、浜松ホトニクスの光電子増倍管など、技術力の高さは折り紙付きです。

物流量の多い東京と大阪間を結ぶ東海地方は、土地の利ゆえ物流も発達しています。商業物流のトップ企業である西濃運輸は岐阜県に、サード・パーティー・ロジスティクスのパイオニア、ハマキョウレックスが静岡県に本社を置いています。物流業務委託のニーズはEコマースの市場規模拡大に伴って、今後も続くことが予想されます。

また、東海地方では浜松餃子、富士宮焼きそばなど、「安くておいしい」独特の外食文化が形成されています。カレー専門店チェーン最大手の地位を確立しているカレーハウスCoCo壱番屋(同チェーン運営の壱番屋の本社所在地は愛知県)は、全国的に愛されています。

本テーマでは、東海地方に本拠地を置く企業を選定しています。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
26.47%4¥21,440
11.23%4¥9,096
11.19%2¥9,060
10.09%3¥8,172
9.21%2¥7,460
8.37%1¥6,775
7.53%4¥6,096
6.21%1¥5,032
5.11%1¥4,140
4.59%1¥3,720

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
※各基準日を0%として指標化

ここ1年で

-15.36%

ここ1ヶ月で

-3.55%

前日比

-1.10%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

東海に関連するテーマ