最先端医療マシン

高齢化社会で需要増加。人や動物を助けるテクノロジー

最先端医療マシン

テーマ作成日:2017/07/05

現在の価格

83,804

ここ1年で

+4.4%

このテーマについて

最先端医療マシン

医療機器市場は、先進国の高齢化や新興国の医療水準向上で需要が拡大しており、今後は特に新興国向けが追い風となり市場拡大基調が予想される。

世界市場規模は40兆円超、国内市場規模は約2.8兆円(厚生労働省「医薬品医療機器産業実態調査」から医療機器国内出荷金額)。

一般的に治療機器の成長率が高く、市場規模も大きい。

世界の医療機器市場における日本のシェアは約10%で、米国・欧州に次いで3位。

現状欧米企業が高いシェアを占め、日本は輸入超過(特に治療機器の輸入比率は80-100%で輸入に大きく依存)だが、オリンパスの消化機内視鏡・テルモのカテーテル・シスメックスの検体検査は輸出が好調で、今後日本の技術が活かせる余地が多分にある。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
15.20%212,738
11.36%49,516
10.92%29,150
10.42%68,730
10.36%18,680
9.77%28,190
9.74%28,160
8.48%27,110
7.74%16,490
6.01%15,040

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
※各基準日を0%として指標化

ここ1年で

+4.39%

ここ1ヶ月で

-4.26%

前日比

-0.15%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

最先端医療マシンに関連するテーマ