最先端医療マシン

高齢化社会で需要増加。人や動物を助けるテクノロジー

最先端医療マシン

テーマ作成日:2017/07/05

現在の価格

84,074

ここ1年で

+19.3%

このテーマについて

最先端医療マシン

医療機器市場は、先進国の高齢化や新興国の医療水準向上で需要が拡大しており、今後は特に新興国向けが追い風となり市場拡大基調が予想される。

世界市場規模は40兆円超、国内市場規模は約2.8兆円(厚生労働省「医薬品医療機器産業実態調査」から医療機器国内出荷金額)。

一般的に治療機器の成長率が高く、市場規模も大きい。

世界の医療機器市場における日本のシェアは約10%で、米国・欧州に次いで3位。

現状欧米企業が高いシェアを占め、日本は輸入超過(特に治療機器の輸入比率は80-100%で輸入に大きく依存)だが、オリンパスの消化機内視鏡・テルモのカテーテル・シスメックスの検体検査は輸出が好調で、今後日本の技術が活かせる余地が多分にある。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

銘柄運用比率株数運用額の目安
15.23%212,802
13.10%311,013
12.76%110,730
11.63%49,780
11.01%79,254
9.85%28,280
8.17%16,870
6.39%15,370
6.35%15,340
5.51%14,635

各銘柄の比率は、投資スタイルに合わせてカスタマイズできます。

投資スタイル:

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
  • 本データは、当該10銘柄で構成されるポートフォリオをご指定の期間に運用した場合の想定される値動き(バックテスト)です。
  • 本データは、ポートフォリオの内容をご説明するための資料(数値図表等)であり、投資勧誘を目的とするものではありません。
  • 本データは、信頼できると考えられる情報(株価)に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性その他一切の事項についていかなる保証をするものではありません。
  • 株数は、金融商品取引所の前日終値を参考に最適株数を算出しております。
  • 本数値図表等で使用した価格は金融商品取引所の終値を採用しておりますが、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等諸経費は含まれておりません。
  • バックテストの価格は18時頃に更新されますが、自動更新はされません。
  • 株式分割/併合等の決定事実が公表され株価に反映される際、一時的に株価に正確に反映されない場合があります。
  • 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

ここ1年で

+19.27%

ここ1ヶ月で

-0.27%

前日と比べて

+1.02%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。

最先端医療マシンに関連するテーマ