コストパフォーマンスに優れたインテリアで充実のひとときを

インテリア

テーマ作成日:2017/7/5

現在の価格

¥103,770

ここ3年で

+6.1%

このテーマについて

引っ越しや模様替えのときに、思い切って新調したい家具やインテリア雑貨。近年では、はやりのデザイン性や機能性を追求しながらも、コストパフォーマンスの高い商品を展開している大型チェーン店舗やインターネットショップが人気で、インテリア業界は軒並みに売上を伸ばしています。

品質、機能、コスパを考え、賢く住まいをコーディネート

快適で彩りのある住まいづくりに欠かせないのが、センスの良い、機能性に優れた質の高い家具やインテリア雑貨です。こういった要素に加えて注目を浴びているのが、コストパフォーマンスの良さ。ひと昔前には、価格の安い商品に対して「安かろう、悪かろう」というイメージを持って敬遠する人もいたようですが、今では低価格に抑えられたいわゆる「プチプラ」の家具やインテリアは品質も良くて長持ちし、そのようなネガティブな印象を払拭しつつあります。

大手の家具・雑貨メーカーや小売チェーンでは、商品の企画からデザイン、製造、宣伝、販売、発送までを自社で一括して行い、大量生産でコストを大幅に削減しながら高品質を維持できるようしたことが一因といえるでしょう。

インターネットを活用し、家具・インテリア雑貨をリーズナブルに購入

パソコンやスマートフォンの普及により、手軽にオンラインショッピングを利用する人たちが増えてきました。家具・インテリア業界でもEC(電子商取引)化が進み、街中で見かける大型の実店舗などでも、インターネットショップを運営して売上を伸ばしているといっても過言ではありません。経済産業省の調査結果によると、2017年度のEC市場で最も伸び率が高かったのが「生活雑貨、家具、インテリア」の分野で、前年比伸び率は約9.8%を記録。このように市場が成長しているのです。

これまで、デザイン性に優れた低価格の家具やインテリア雑貨は、「IKEA」などの海外ブランド製品が多いイメージがありましたが、昨今では日本でも良いデザインを重視し、なおかつリーズナブルな価格帯で提供する傾向が目立つようになっています。それを表すかのようにニトリでは31期連続の増収増益(2018年2月決算時)で業界トップを走ります。続くのが良品計画で、2017年の家具の年間売上が400億円を超えるほどで、ここ10年間では2.3倍ほど伸長しているそうです。

本テーマでは、品質や機能性、デザイン性、コストパフォーマンスの良さを兼ね備えた家具・インテリア雑貨の銘柄を集めました。

このテーマの内訳※株価は約20分遅れの表示です

リスクとリターンのバランスをとった基本的な投資スタイル

銘柄運用比率株数運用額の目安
18.82%1¥19,530
14.44%7¥14,980
13.92%6¥14,442
13.34%2¥13,840
12.70%1¥13,180
10.73%3¥11,130
6.46%2¥6,700
4.01%5¥4,160
2.89%2¥3,004
2.70%1¥2,804

いままでの値動き
※各基準日を0%として指標化
※各基準日を0%として指標化

ここ1年で

-27.14%

ここ1ヶ月で

+0.08%

前日比

+0.73%

  • テーマを売買する際には、銘柄ごとに売買代金の0.5%の取引手数料がかかります(税抜・最低手数料50円)。
  • 金融商品の取引においては、株価、為替、金利、その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。